×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不眠症とはどんな病気か?

不眠症とはどんな病気か?

不眠症とは夜寝ようと思ってもなかなか眠れなくなる、神経症の代表的な症状の一つです。

 

寝つきも悪いし、寝ても夜中に目が覚めて、そのまま眠れない状態がずっと続き、
今夜も眠れないんじゃないだろうか?と不安が募り、

 

その不安でまた眠れなくなってしまう

 

そういったパターンで苦しんでいる人は病院で「神経症からくる不眠症」と診断されます。

 

また、不眠で苦しんでいる人の中には
慢性的な頭痛、肩こり、疲労感、その他不定愁訴といった
悩みを抱えている人も多いです。

 

こういった症状の一つ一つに対して薬を飲んで対処しても、根本原因の解決にはならず、
神経症からくる不眠にはあまり効果がないケースが多いです。

 

睡眠薬で治療するとかえって薬に依存してしまい、薬が手放せなくなり、
最初のころより症状を重くしてしまうのです。

 

神経症からくる不眠症ではない、
うつ病が原因の不眠症の場合は不安で眠れなくなるというようなことはなく、
早朝早くに目が覚めてしまい、二度寝や昼寝をしてリズムがくるって不眠症となるという経緯をたどります。

 

この場合であれば睡眠薬も効果を発揮しますが

 

神経症からくる不眠症の場合は薬に頼らない不眠解消方法を取ることが病院でも推奨されています。

 

当サイトトップページで紹介しているような音楽、サプリメント、アロマオイルといったものが効果的です。