×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

眠れないときの考え方

眠れないときの考え方

神経症からくる不眠で眠れない方に多い悩みでは、

 

  • 「今夜も眠れない!どうしようどうしよう・・・」
  • 「頭の中でいろいろ考えてしまって寝つけない!」

 

といったものです。

 

要するに、いろいろと余計なことを考えすぎてしまうから、なかなか寝付けないし、
精神状態も興奮してしまうんです。

 

頭であれこれ考えないようにするために、
ヒーリング音楽を流したり、
緊張をほぐし精神状態を安定させるサプリメントを飲んだり、
リラックス空間に導いてくれる香りのアロマオイルを試したり

 

と色々な方法がありますのでやってみることをお勧めします。

 

何もない状態ではどうしても緊張状態をほぐせないと思いますので、
まずは自分の頭の中を空っぽにする手助けになるものとして上記であげた方法は必須だと思います。

 

びっくりするくらい簡単に、心からリラックスして脱力状態になれる方法です。

 

心身がリラックスすれば、人は自然と眠れるようになっています。

 

重要なことは、
寝ないといけないと自分を責めないこと」です。

 

1日くらい眠れなくても何とかなるくらいの、ゆったりした気持ちで構えることができれば
極度の不安、緊張状態には陥らないでいられると思います。

 

あまり自分を責めず、音楽・サプリメント・アロマの力を借りながらでも
ゆったりとした精神状態で布団に入れば
不眠症は改善されるはずです。