×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不眠症になる原因とは?

不眠症になる原因とは?

不規則な生活習慣

就寝時間が毎日不規則だと、
その時間になると眠れるようになるためのホルモンが分泌されにくくなるため、
眠りにつきにくくなり、不眠症になってしまいます。

 

できる限り、規則正しい睡眠時間を身につけましょう。

 

アルコールの取りすぎ

アルコールを取ると眠れると勘違いしがちですが、
逆に眠りが浅くなり、夜中に目覚める原因になってしまいます。

 

眠ってしまうほどのアルコール摂取は控えましょう

 

うつ病が悪化して不眠に

うつ病の症状の一つに、不眠があります。
寝つきは良いのだけど、夜中に目覚めることが多いそうです、
そしてそのまま眠れないというのがうつが原因の不眠に多くみられるパターンです。

 

うつ病の場合は病院で処方された薬をきちんと飲むことが重要です。

 

眠れないかもしれないと常に不安に思う神経症

眠れなかったらどうしようと、
布団に入った瞬間から思い悩んでしまう、

 

そんな神経症を発症してしまうと
不眠になってしまいます。

 

あれこれいろいろと考えすぎてしまうのはよくありませんね。

 

眠れないかもしれないなどと考えないことが重要です。

 

わかりやすい原因を上げてみるとこのくらいなのですが、
間違えば依存症になる危険もある睡眠薬に気軽に手を伸ばそうとするのではなく、

 

当サイトトップページで紹介しているような、薬を使わない不眠症改善方法を実践することをお勧めします。