×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

睡眠薬の効果と副作用

睡眠薬の効果と副作用

睡眠薬には睡眠改善薬と睡眠導入薬の2種類があり、
効果効能、副作用も異なります。

 

睡眠改善薬

市販されている、薬局で購入可能な睡眠薬がこれに当たります。

 

睡眠改善薬は抗ヒスタミン剤の副作用、催眠効果を利用した薬です。

 

ただ、効果としては一時的に眠気を感じるだけであり、深い睡眠へと導いてくれるわけではありません

 

緊急時の短い期間のみの服用を前提として市販されています。

 

副作用としては翌日昼間の急な眠気が一般的です。朝起きたときに軽く頭痛がすることもまれにあります。

 

抗ヒスタミンを利用した薬ですので服用するときは他のヒスタミン剤は服用しないようにしましょう
風邪薬、鼻炎薬、解熱鎮痛剤などです。

 

睡眠導入薬

医師から処方される薬が、睡眠導入薬に分類されます。

 

現在は副作用が比較的軽い、ベンゾジアゼピン系睡眠薬が主流になっています。

 

ハルシオン、レンドルミン、マイスリーが有名です。

 

GABAという脳内神経物質の催眠効果を増強することで深い睡眠へと導かれる薬です。

 

ただし、副作用も強く、依存性もあるために長期の連用には注意が必要です。

 

睡眠が改善されたとしても辞めるときは医師の適切な指導を守らなければ
以前より症状が悪化することにもつながります。

 

全身の筋肉を緩める効果もあるため、夜中にトイレに行こうとしても足元がふらつき転倒する危険も考えられますし、
服用する時間を間違えれば日中の強い眠気に悩まされることもあります。

 

用法容量を守り、医師と相談しながら服用しなければいけません。

 

ハルシオンの副作用はこちらの薬剤説明ページにも記載されていますので参考にしてください。