×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

理想の睡眠時間とは?

理想の睡眠時間とは?

不眠症対策の妨げとなることも多いのが、1日の睡眠時間の目安です
。時間に追われる現代社会では、睡眠時間が少ない方が充実した生活を送っているイメージがなんとなくあります。

 

しかし、実際には1日の理想的な睡眠時間には個人差があります。
その点を踏まえた上で不眠症対策を行っていかないと、うまく結果を出せない恐れがあります。

 

理想的な睡眠時間は7〜8時間程度とされています。しかし、中には6時間程度で平気な人、逆に9時間以上必要とする人もいます。

 

不眠に悩んでいる人は、自分の理想の睡眠時間がどの程度なのかをある程度把握しておくことが大事なのです。

 

例えば長い睡眠時間を必要とする人が「7時間眠ろう」と設定して生活環境を定めてしまうと、
睡眠サイクルが乱れてしまい、不眠症が加速してしまう恐れがあります。

 

逆に短い睡眠でも平気な人が無理して7〜8時間眠ろうとすると、中途覚醒や早朝覚醒といった問題が生じます。

 

とくに長時間の睡眠を必要とする人は、時間を無駄にしてしまっている感じを持ってしまい、
精神的に自分を追い詰めてしまうケースがよく見られます。

 

それが不眠症の直接の原因になったり、うつや神経症をもたらすケースもあるのです。
理想の睡眠時間には個人差がある。このことも不眠症の予防・改善の際に覚えておきたいところです。