×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

夜中に中途覚醒してしまった時

夜中に中途覚醒してしまった時

不眠症の典型的な症状の1つに中途覚醒があります。

 

夜中に目を覚ましてしまい、しばらく眠れなくなってしまう状態です。
そのままベッドの中で二度寝しようと思ってもなかなか思うように眠れず、時間だけが虚しく過ぎ去ってしまううえ、
二度寝した後の目覚めも悪く、ますます不眠症を悪化させてしまいます。

 

中途覚醒で夜中に起きてしまった場合には、いったんベッドから離れて時間を空けましょう。

 

自然に眠くなるのを待つのです。ですから、それまでの時間を過ごす方法を決めておきましょう。
本を読むのもよいですし、リラックスできる音楽を聴くのもよいでしょう。

 

ポイントなのは脳を興奮させないこと。テレビやゲーム、携帯などは避ける、激しい大音量の音楽なども止めた方がよいでしょう。
静かに過ごしながら眠気を導くことができる環境が求められます。

 

中途覚醒による不眠症の悩みを抱えている人は、こうした「夜中にやるべきこと」をあらかじめ備えておくことで適切な対策ができます、

 

二度目の眠りを質の高いものにすることで、睡眠不足を補うことができますし、自然と睡眠サイクルが調節され、

 

中途覚醒そのものを改善していくこともできるでしょう。いわば中途覚醒とうまく付き合える生活習慣を築くのです。身近な対策方法として踏まえておきましょう。