×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

睡眠薬の依存性

睡眠薬の依存性

医師から処方されるハルシオンに代表される睡眠導入剤には依存性という
副作用があります。

 

最初は少量で効いていた睡眠導入剤が、
徐々に効かなくなり、量を増やさなければならなくなる…

 

そして量を増やし過ぎて重篤な副作用が起きてしまうという魔のスパイラルが起こることがあるのです。

 

ひどい例では薬を変えても用量を増やしても、
最早病院の薬ではどうすることもできずに
眠れない・・と死にそうな顔色で毎日を過ごす人もいます。

 

医師から処方された睡眠薬にあまりに頼りすぎるのは、
やはり危険です。

 

睡眠は、薬に頼らないことが重要ですね。

 

音楽、サプリメント、アロマといった薬に頼らない安眠の方法はいろいろありますので
実践してみることをお勧めします。⇒トップページで紹介しています。