×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不眠症に効果のあるセロトニンについて

不眠症に効果のあるセロトニンについて

不眠症の改善は精神面からのアプローチが重視されますが、体のメカニズムの変調も大きな原因となっているため、
症状が重い場合には、医学的な観点に基づいた体へのアプローチも必要になることもあります。

 

セロトニンはそんな体のメカニズムと不眠の関係で注目されている物質です。

 

これは脳にある神経物質の一種で、ホルモンに分類されます。

 

このホルモンは心と体のバランスをコントロールする重要な役割を担っています。
例えばストレスを感じたり、疲労が蓄積すると心と体のバランスが崩れやすくなりますが、
そんな時にこのホルモンが活躍して効果を発揮するのです。

 

それからもうひとつ、セロトニンメラトニンと呼ばれる物質の原料となります。
メラトニンは脳を睡眠状態へと導く物質のため、これがいかに多く分泌されるかどうかが不眠症改善の鍵となります。

 

つまり、セロトニンは心身のバランスを整えるとともに体を眠りやすい状態にする重要な役割を担っているのです。

 

セロトニンを増やすのは医師から処方される医薬品のほか、日常の食品でも摂取することも可能です。

 

代表的なところではセロトニンの原料となるトリプトファンが含まれる植物性タンパク質が効果的。
また、ビタミンB6も分泌量を増やす重要な成分です。野菜を中心とした健康的な食生活を送ることがまず第一のポイントとなりそうです。