×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不眠症にならないための生活習慣

不眠症にならないための生活習慣

不眠症にならないためにはまず、日常の生活習慣を改めることが必要です。
とくに現代人は生活環境の影響で心身のバランスを崩しやすく、それが不眠の直接の原因となってしまっているケースが多く見られます。

 

1つ目に睡眠環境。睡眠時間を確保することはもちろんですが、できるだけ規則正しい睡眠環境を維持することが大事です。同じ時間に就寝・起床を心がけることで、体内の睡眠のメカニズムを正常に機能させるよう心がけましょう。

 

不規則な睡眠習慣だと質の高い睡眠がとれず、なかなか眠れない、あるいは何時間眠っても熟眠感が得られないといった問題が起こります。

 

それからストレス。これが現代人における最大のテーマでしょう。緊張と不安を感じた状態が続くと脳が常に興奮した状態になり、なかなか寝付くことができません。日々の生活の中でできるだけストレスを解消する手段を用意しましょう。

 

また、就寝前にリラックスする時間を確保することで脳が眠りにつきやすい状態に持っていくことも大事です
就寝1時間前はパソコンやゲーム、携帯など脳を刺激するものは避けましょう。

 

あとは食生活。意外にも思えますが、
偏った食生活は眠りと深く関わる脳内神経物質のセロトニンの分泌量を減らしてしまうなど不眠症の原因となるケースもあります。

 

こうした生活習慣の改善から不眠症対策を行っていきましょう。