×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不眠症とうつ病について

不眠症とうつ病について

不眠症との関わりで注目されているのがうつ病です。
不眠がうつをもたらすこともあれば、うつが原因で不眠状態に陥ることもあり、
密接な相互関係があるとされているのです。

 

そんな不眠症とうつ病の関係において、クローズアップされているのがセロトニンという物質です。

 

これは脳内の神経物質で、心身のバランスを整える働きを持っています。
この分泌量が不足したり、調節しきれないほど心身のバランスが乱れてしまった場合に、
不眠症とうつが生じるのです。

 

そのため治療でもSSRIなどをはじめとした薬物でセロトニンの増加を促す対策がよく行われています。

 

ただ、セロトニンを増やすだけでは充分に対処できないケースも見られます。
問題なのはやはりストレス。とくに不眠とうつが相互にもたらすストレスに注意が必要です。

 

なかなか眠れず日中眠気に襲われて仕事や勉強に集中できず、結果が落ちてしまうことでストレスを抱えてしまうこともあります。

 

それが自分への憤りや将来への不安をもたらして不眠状態をもたらしてしまい、
その不眠がますます集中力の低下をもたらす…そんな悪循環に陥ってしまうこともあるのです。

 

ですから、セロトニンで対策を行うとともに、ストレスがどんどん蓄積していく日常生活の悪循環を断つことも大事なのです。

 

そのためにはストレス解消の手段を見つける、運動を取り入れるといった対策も必要となるでしょう。